2009年06月25日

誤った正義感

皆さん、足利事件はご存じだと思います。今日はその事件の根本に関すること

だろうと思われることを書いてみたいと思います。

足利事件についての今回の一連の流れの中で、元捜査員が、私はまだ

彼がやったことだと信じているという趣旨の話をしていた記事を見ました。

この期に及んでまだそのような発言をしている者がいること自体、本当に悲しく、

情けなくなります。

捜査機関は、被害者のため、正義のためという旗印の下、捜査をしていると

思いますが、それが一歩間違えれば、今回のようなことになってしまうことを

もっと自覚して欲しいと思います。

私も、先日担当した、とある少年事件で、少年に対して、捜査機関が執拗に余罪

(つまり、裁判になっている事件以外の事件)を追及していたことがありました。

少年は、自分がやったことは全部正直に言っているのにも拘わらず、この事件も

お前だ、あの事件もお前だという思いこみの下、捜査機関は彼に罪をかぶせる

ような 捜査を行ったのです。具体的には、警察官の言っている事件等分からない

少年を自動車に乗せ、各事件現場まで連れて行き、ここが現場だからなという

ような感じで全て少年がやったことを前提とする捜査書類を作成したのです

(尚、この書類は私が選任される前に作成されていました)。

当然、私は、そのような捜査は不当であるという抗議を捜査責任者にしましたが、

その際、その責任者は「だって被害者に、事件が解決したという報告をして

あげたいじゃないですか。」というようなことを言っていました。

彼が認めている事件と近い場所で発生しているという安易な理由で、その近辺の

全ての事件を彼のせいにして、被害者に対して、事件が解決しましたという報告を

したいということです。

捜査機関の、被害者のためにという思いから、やってもいない人間に、何らかの

理由をつけて 犯人であると決めつけ、それを前提に偏った誤った捜査が行われ、

その捜査を前提に裁判が 行われ、検察官と一体の裁判官が判決を下す、

ある意味でそういう構図が出来上がっているような気がして仕方がありません。

捜査機関のそのような捜査を質すはずの裁判官が、弁護人の主張を、何の

説得力もない理由で 排斥し、盲目的に検察官に追従している現状は危機的

状況であるといえます。

ある程度刑事弁護をやっている弁護士であれば、誰でもそのような思いを

有していると思います。

裁判員裁判制度が、そのような現状を少しでも打破してくれるのではないか、

私はそのように考えています。

皆さん、裁判員に選ばれたならば、是非、裁判官の顔色をうかがうようなことは

せず、自信を持って 自分の意見を述べるようにしてください。

 

    弁  護  士      齋  藤    守   

 

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13479764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)