2008年02月29日

少し暖かくなってきました

2月も、今日で終わりですね。
最近、すこし暖かくなってきて、寒がりの私は助かっています。
20080217122233.jpg
 近頃は、いろいろと考えさせられる心に重い事件がいくつかあり、ブログを書く気持ちの余裕がありませんでした。

 詳しいことは書けませんが、犯罪の被害者に対し、刑罰(懲役刑)を受けたあとにもかかわらず、弁償金を支払う法的義務はない(違法性はない)と発言してはばからない犯人とか、その犯人を監督する義務がある雇用主(某地方公共団体)から「当事者の私的なこと、関係ない」という発言がでたりとかです。
 ちなみにこの犯人は、刑事裁判のときは、お金を払うから示談して欲しいと申し入れ、「反省」の手紙を送っていたようです。

 
 もし、今回の件と訴訟活動の内容がマスコミで報道されたら、両者ともマスコミからも世論からも、相当たたかれると思います。しかし、性犯罪等については、被害者の意向でマスコミへのリークがないことが多いので、このような訴訟活動がされているのでしょうか。
 

 いまは、一昔まえと違って、犯罪被害者の立場は、強くなってきてはいるとはいえ、現状はこれぼと過酷な状態におかれているとは・・。

 せっかくあたたかくなってきたというのに、お寒い話です。

 話は変わりますが、最近、4年ちょっとで過払金が発生した方がでました。たぶん、いままでの最短記録更新だと思います。こちらは、ちょっと嬉しいおはなしでした。


   弁 護 士   水  谷   里 枝 子
 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13245749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)