2007年05月08日

2007.5.8(火)過払訴訟 追加

このブログの一番最初に書いた過払いの関係について、補足です。

前に、ケースバイケースですが、5年で過払いになっていることが多いと書きました。
この点、もう少し詳しくご説明すると、5年で過払いになる方も相当数いらっしゃいますが、1割から2割は借金が残っているというケースもかなりあります。
ちなみに、こういうケースだと6年位でプラマイゼロということになります。

そして、ケースバイケースとはいえ、7年位続けて返済しているケースだと、ほとんどのケースで過払いになっています。

なので、何年位で過払いになるのか知りたいという方は、7年をひとつの目安にされると、後でがっかりすることが少ないと思います。

それから、過払いになっていると書くと、なんとなく、すぐに何十万円もお金が返ってくるようなイメージがあるかもしれませんが、最初のうちは、2〜3万円とごく小額からです。
いわば、毎月、少しずつ積み立て預金しているのと同じイメージで考えていただけばいいと思います。それが、何年か続くと何十万円単位の過払金になっていくわけです。


この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13179979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)